あまりがちな保冷剤の活用方法

subpage01

保冷剤は気がつくとどんどん増えていきます。

もちろん使わないのであれば捨ててしまうかもしれませんが、有効に活用することもできます。まず、当然ながら冷やすことができます。

夏場の熱中症対策や、怪我をして冷やすことが必要になった場合には重宝します。

役立つ保冷剤に有効なサイトです。

しかし、長時間直接肌に当てていると、凍傷になる可能性もありますのでタオルなどに包んで使いましょう。

T-SITE関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

また、保冷剤は冷やすだけでなく、温めて使うことも出来ます。
40度前後のお湯に常温に戻した保冷剤を入れ温めます。


疲れ目や肩こりなど患部を温めるのに有効です。

注意したいのは温め方です。

電子レンジなどを使うと、破裂する危険性がありますので使用しないようにしてください。



また、沸騰しているお湯につける場合も温度が上がりすぎて危険です。
40度前後のぬるめのお湯で温めるてください。

保冷剤の中の成分は高吸水性ポリマーというものです。
これは水分を吸収する作用がありますが、消臭剤としても活用ができます。

保冷剤を開き、中に入っている高吸水性ポリマーを容器に入れてにおいの気になるところに置いておくだけで簡単に消臭剤を作ることが出来ます。
また、少量の絵の具などで着色してもよいでしょう。
100円ショップなどで売られている造花や小物と組み合わせてもかわいいです。
注意したいのは、小さな子供やペットなどがいる場合に、誤って口に入れたりしないように置く場所には注意が必要です。手の届かない場所に置くなど工夫してください。