保冷剤の再利用の活用法

subpage01

いつか使うだろうとおもって冷凍庫に入れておくと、知らないうちに溜まってきて邪魔な存在になります。

話題のM3Qについて悩んでいませんか。

しかし、保冷剤は様々な使い道があり捨てるのがもったいないので、再利用して消費すると溜まる心配がなくなります。
保冷剤の成分は高分子ポリマーがつかわれています。

保冷剤について詳しく知りたいならこのサイトです。

高分子ポリマーは水分を吸い込んで固める特徴があるので、生理用品、おむつ、ペットのトイレシートなどに使われています。

保冷剤は約95%以上が水分で、残りの数%は高分子ポリマーから出来ていて膨張した状態になっています。



この特性を活かして冷やすだけでなく、身近なものを使って再利用できます。


保冷剤を冷凍庫で凍らせて、開いた毛穴を引き締めます。

そのまま使用すると低温火傷をするのでタオルに包んで使用します。
何度でも使えるの経済的です。

温めてアイマスクとして使用できます。

40度くらいのお湯に数分入れるだけでほんわかした温かさになるので疲れ目の解消ができます。自分の好きなアロマオイルを使ってな芳香剤、消臭剤を作ることができます。
作り方も簡単で、冷凍してない保冷剤を容器に入れて、アロマオイルを入れるだけです。色を付けてオシャレにすることもできるのでオリジナルのものができます。


植木など鉢植にまいとくと水分の蒸発を防いでくれるので、毎日水やりをしなくても大丈夫です。

その他に水の代わりに使うと茎が安定してアレンジしやすくなり見た目もオシャレになります。
捨てる前に再利用の方法が色々あるので試す価値はあります。