余った保冷剤で消臭剤が作れます

subpage01

洋菓子などを購入すると保冷剤が入ってくる事があり、不要になったら処分する人も多いと思いますが、再利用方法の1つとして消臭剤が簡単に作れます。

準備する物は、常温の状態の保冷剤と器のみで、器はプリンやゼリーの容器や紙コップなど何でも大丈夫ですが、お洒落にしたい場合は、100均などで販売しているガラスコップなどを用意します。

医薬品の輸送のことならこちらをご活用ください。

次に、器に常温の状態の保冷剤の中身を入れるだけで消臭剤の完成となり、保冷剤は高分子吸水性ポリマーが主成分となっているので、周囲の臭いを吸収する性質があるので、これを利用した仕組みとなります。

毎日新聞に興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

また、絵具などで色を付け加えたり、ビー玉や小物などを一緒に入れたりすると、工夫次第ではアレンジも無限に広がるほか、香水やアロマオイルなどを数滴加えて使用すると芳香剤にもなるので、下駄箱やトイレなど多くの場所で使う事ができますが、冷蔵庫の中で使用する場合は、香りを付けると他の食品に移る場合があるので必ず消臭剤として使用し、冷蔵庫の中で器が倒れてしまうと食品に付着したりするので、倒れ難い器を使うようにします。注意点としては、小さなお子さんやペットなどが誤って誤飲すると、高分子吸水性ポリマーが体内の水分を吸収して胸のつっかえや咳込み、喉の詰まりなどの症状が出て危険を伴いますので、手の届かない場所に置き、万が一触れてしまった場合は、紙おむつなどにも使用されている成分なので人体に影響は無いです。



売買をもっと知る

subpage02

いつか使うだろうとおもって冷凍庫に入れておくと、知らないうちに溜まってきて邪魔な存在になります。しかし、保冷剤は様々な使い道があり捨てるのがもったいないので、再利用して消費すると溜まる心配がなくなります。...

NEXT

売買関係の真実

subpage03

保冷剤は気がつくとどんどん増えていきます。もちろん使わないのであれば捨ててしまうかもしれませんが、有効に活用することもできます。...

NEXT

意外な真実

subpage04

洋菓子などの食品を一時的に冷やす目的で保冷剤は使われています。いつか使えるだろうと冷蔵庫に保存することもあると思いますが、使うことなく溜まったままになっていることもあります。...

NEXT

基礎知識

subpage04

保冷剤は便利なもので、夏場とかに熱さを嫌う食品を守るようなときには欠かすことができません。しかし、どんどん貯まるので、不要になったものの処分をどうしたらよいか困っている人もいるはずです。...

NEXT